高血圧の合併症

高血圧の合併症で脳の血管が破れたり、詰まったりして起きるものをまとめて脳卒中といいます。


脳卒中は大きく分けると、血管が破れた場合の脳出血(出血性脳血管障害)と、詰まった場合の脳梗塞(虚血性脳血管障害)があります。


脳卒中のうち、脳出血の原因として血圧がとても大きく影響して起きます。


高血圧で脳の中の細い動脈が強い圧力を受け続けた結果、もろくなって破れてしまうのです。


現在では、脳卒中の7割以上が脳梗塞です。


脳梗塞には大きく2つのタイプがあります、脳血栓と脳塞栓です。


脳血栓は、脳の比較的大きな動脈の、特に枝分かれする部分に起きます。


血管の内側に膨らみ、その表面が破れると血栓ができます。


それが血液の通り道を詰まらせたり、いったんはがれて流れるものの、その先を詰まらせたりするのが脳血栓です。


詰まりは少しずつ起こってくることもあるので、片まひや感覚傷害が徐々に起きることもあります。


一方、脳塞栓は血栓が血流に乗って脳の動脈にまで流れ着き、そこで詰まって脳梗塞を起こすものです。

脳の血管を詰まらせる血栓がどこでできるのかというと、1つは頭の動脈です。


頸の動脈にプラークができ、そこでできた血栓が、脳の動脈に飛んでしまうことがあるのです。


もう一カ所は心臓です。


健康な心臓ではその中で血栓ができることはありませんが、例えば心房細動という心臓の拍動リズムが不規則になる病気になると、心臓の中に血栓ができることがあります。

その血栓が心臓から脳まで流れていって、脳の動脈を詰まらせるというわけです。


脳塞栓は突然起こります。


しかもかなり大きな動脈が詰まると、突然の意識障害やけいれんが起こることがあります。

高血圧の合併症