FXの儲け方

FXはForeign eXchangeの略で、そのまま訳せば「外国為替」ですが、日本では一般にFXとは「外国為替証拠金取引」の事を言い、これは外国為替」と「証拠金取引」をセットにした新しい金融商品のことです。

まず、「外国為替」ですが私たちが海外に旅行したり海外の商品を購入する時、その国の通貨と交換したりする事で、交換レート(交換率)は、互いの国情によって刻々と変わります。

また、「証拠金取引」は簡単にいうと、FX会社(金融庁に登録しFXを扱っている証券会社や商品先物取引会社など)に取引口座を開き、そこに証拠金を預けて、その会社と外国為替の取引をする、ということです。

FXでは証拠金に対して一定の倍率(レバレッジ)を掛けた、大きな金額の取引ができます。

例えばドル取引の場合、レバレッジ10倍のコースなら、10万円の証拠金で、ドル100万円分の売りや買いができるのです。

この場合、ドル/円の相場が動いたら、それによって生じた差益(差損)の分を決済することによって1回の取引は終了します。

10万円の証拠金で1万ドル(1ドル=100円としで100万円分)買った後、相場が1ドル=110円になったとしたら、1万ドルが110万円になっているので、差引き10万円の儲けということになります。

FXの基礎から学べるマエストロFX、FXトレードを学ぶならTURBO FX

FXでは、ある通貨が他の通貨に対して「高くなる」のか「安くなる」のかを予想し、高くなると予想した通貨は「買い」、安くなるだろうと予想した通貨は「売り」の注文を出します。

そして、予想通りに動いたら、買った通貨は「売り」、売った通貨は「買い」戻して決済するのです。

このように、外国為替の変動で起こる「為替差益」を狙うのが、FXの基本的な儲け方です。
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://fx.yb51.org/tb.cgi/1

C O M M E N T


名前 :
パスワード :
(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  2000


   プレビュー